マジPEACE。

A「ほんと日本は平和だよね〜。」→B「マジPEACE。」から誕生。

総選挙に思う日本人のお祭り政治観「立憲民主と希望の党」天声人語より

今日の天声人語は「首相演説の去った秋の田」というタイトルで、安倍首相への戒めを込めたものであった。

 

総選挙後の首相

衆院選公示日の第一声は、首相の地元である福島市佐原地区。ニュースに寂しく映らないように、稲刈りの日程を延ばしたようだ。公示日の演説は、不安の色を隠せない。解散前後の状況は混沌としており、小池さんの登場は安倍首相に焦りを与えていた。

しかし、野党で内輪揉めが起きたことに助けられた。思い違いをされないように言いたいのは、勝因は首相ではない。

選挙が終わると急に権高になる癖を有権者は忘れていない。

 

立憲民主と希望の党

今回の選挙で常に話題になっていたのは立憲民主と希望の党の2つである。

 

小池さんの登場によって、野党第一党だった民進党は前原さんの案で、希望の党への合流を決めた。

 

しかし、争点となった「排除」によって、希望の党に合流できなかったメンバーやリベラル系の議員が、枝野さんの立憲民主や無所属に転じることになったのだ。

 

これが、天声人語で言われている内輪揉めをざっくり説明したもの。

 

「それって民進党の議員が分裂して、希望の党、立憲民主、無所属に分かれただけじゃね?」と思う方が多いだろう。

 

これが、自民党の勝因のひとつだといわれている。

 

本来、野党で団結すれば、自民党反対の受け皿になったはずだが、それが分散してしまったのだ。

 

なぜ希望の党が失速?

小池さんの「排除発言」や「都知事兼任」などさまざまあるが、要は「それ、卑怯だよね?」ということが露呈されたのだ。

 

小池さんに合流した民進党の議員も含め、小池さんにつけば選挙で当選するだろうという気持ちがみえる。そんなんバレバレで、投票しないだろう。

 

小池さん側につくのやばそうと思った議員が、選挙終盤で小池さんの名前を隠したり使わなくなったりしたのがいい例だ。これはひどい。

 

そして、代わりの受け皿として立憲民主党が台頭する。

 

立憲民主の追い上げはなぜ?

立憲民主のツイッターが話題!!など、ニュースで取り上げられていた。

 

簡単に言えば、反自民党で希望の党にも入れられない代わりの受け皿になったのだろう。

 

さらに枝野さんの演説に注目したい。

数を持っているから勝手に決めていいという上からの民主主義ではなく、草の根の民主主義。強いものをより強くし、いずれあなたのところにしたたり落ちるという上からの経済政策ではなく、暮らしを押し上げて経済を良くする。

 

メディアが多く取り上げたからかもしれないが、「草の根の民主主義」この言葉を何度も繰り返しているのが印象的だった。

 

権力を嫌う国民性?

この言葉は非常にわかりやすい意味を持っている。

枝野さんの人となりや声とぴったりのフレーズだ。

 

これは仮説だが、日本人は権力を非常に嫌う傾向にある。政治家の汚職やスキャンダルに対して非常に厳しい目を持つ。

映画やドラマ、ニュースを見ても明らかだろう。

 

その中で、自民党は与党、希望の党は小池さんで出現、どちらも権力として見える。

 

となれば、枝野さんの「草の根」、下から変えていくというフレーズは強力だ。

今の社会構造を批判しながらも、自分たちで変えるという姿勢がある。

 

そして、民進党分裂の際に、希望の党に行かずに、自分たちの意思を通したという筋が通っている。その観点からすると正義である。

 

これが、立憲民主党の躍進のに貢献した。

 

しかし、よく考えて欲しい。

立憲民主党とは、名前は変わっているだけで、結局は民進党の残りメンバーであるらしい。

さらに言えば、2010年の短命の菅内閣のメンバーが主である。

 

言うことなんていくらでも変えられる、しかし人はそう簡単に変わるだろうか?

 

政治に関心を持つべきでは?

このように、簡単に情に流されているように見える日本人。

筋が通っていれば、それで政党として大丈夫なのか?

 

逆に自民党は大勝し、2/3の議席を獲得している。

たしかに、いままでの経歴をみれば株価もあがっているし、経済的に成果を残しているだろう。

 

しかし、森友や加計学園など問題が残る。

 

近年は、「メディアが偏っている!!」「メディア操作で決まってしまう!」など問題があげられる。

 

でもそれば、自分で調べればいいのではないだろうか?

自分で党のサイトを見て、話を聞きにいくべきなんじゃないか?

 

でも仕事や他の用事で時間がないというだろう。それは政治に関心がない証拠である。

 

18歳でも投票できるようになった。18歳の投票数は多かったという。

 

海外で見てみると、メディアを利用するなんてザラにある。

 

北欧では投票率は80%前後だ。

 

私も全く政治に関心がなかった。

期日前投票が増えたという今回を機に、多くの人が政治に関心を持つことが、日本にとっていいことだと願う。