マジPEACE。

A「ほんと日本は平和だよね〜。」→B「マジPEACE。」から誕生。

2018年の仮想通貨はICOではなくIFO(ハードフォーク)!?

昨年末あたりから一気に知名度を上げたような気がする仮想通貨。

1月は特に規制や暴落が話題になっている。

 

また、法人周りで言えば、ICOが新しい資金調達として注目されてきた。

 

さらに今年は、IFOも注目されるのではないかと言われている。

※ちなみに、ここで扱うIFOとは、FXの注文方法のことではないので注意

 

この記事では、改めてICOとは何か?を振り返り、IFOとはなんなのか?も併せて書いていきたいと思う。

 

仮想通貨はICOよりもIFO!?

 

ICO(initial coin offering)とは?

 

ICOとは新規仮想通貨公開のことで、仮想通貨を発行することで資金調達をする方法だ。

 

例えば、最近話題になっている、暗号化メッセージアプリ「テレグラム」の資金調達はICO。

20億ドルを目標としており、最大のICOになるのでは?と言われている。

 

イメージしやすい言葉で言うと、

企業の「新規公開株」を表すIPOであり、ICOでは、株が仮想通貨と置き換えられていると考えてもらえばいいだろう。

 

なぜ、ICOが盛り上がったかと言うと、

今まで上場(IPO)しなければ、企業は大規模に資金調達することができなかったのが、

ICOによって仮想通貨を発行することで、簡単に資金調達できるようになったからだ。

 

つまり、資金調達のハードルが下がった。

 

そして、発行される仮想通貨は「トークン(証票)」と呼ばれる。

 

そのため、ICOはトークンセールとも言われる。

※トークンについて詳しくは自分で調べて見てほしい

apolitik_trader

 

IFOとは何か?

IFOとは、 ハードフォークを利用した資金調達の手法である。

 

 正直全然ピンとこないと思うので説明していく。

 

例えば、ビットコインで話題になったハードフォークを思い浮かべてほしい。

 

2017年8月にビットコインがハードフォークして、ビットコインキャッシュが誕生した。

 

ハードフォークとは、ブロックチェーンの仕様の変更のことで、実はソフトフォークという方法も存在する。

 

この辺は複雑なのでざっくりと説明すると、

ハードフォークとソフトフォークの違いは、互換性の有無である。

 

ハードフォークの場合は、仕様が部分的に異なるため、互換性がなく、ブロックチェーンが分岐する。

 

フォークについては、こちらの記事が詳しい。

「良い」ハードフォークと「悪い」ハードフォーク | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

 

つまり、仕様変更によって新しい通貨を誕生させることで資金を得る方法がIFOということだ。

 

なぜICOよりハードフォークのIFO?

では、なぜIFOが資金調達手段として注目されるのか?

 

一つは、ICOの規制が関係している。

中国や韓国の規制、欧米でも注意の呼びかけがされている。

それは、ICOの詐欺など高リスクであることを懸念してのことだ。

それにより、多くの企業が規制の緩い国は移動しているという。

 

その結果、ICOの代わりとしてIFOが注目され始めているのだ。

 

例えば、ビットコインゴールドやビットコインダイアモンドはIFOによって誕生した通貨である。

 

どうやって資金を得るかというと、「プレマイン」という方法だ。

 

プレマインとは、仮想通貨のマイニングが開始する前に、開発者や他の指定者に新規発行通貨の一部を提供できることを指す。

 

これによって、公開後に値上がりした場合、保有していた開発者や他の指定者は、その分資金を得ることができるというわけだ。

 

ちなみに、IFOの手法は、非中央集権を理想とした開発者の意図とは外れてしまうため、是非を議論されている。

 

個人投資家としてはどうか?

ビットコインが分裂して、ビットコインキャッシュになった時、ビットコイン保有者には同量のビットコインキャッシュが付与された。

 

もし保有していれば、当時は3万くらいだったため、今21万前後で、7倍になっている。

 

ただ、保有しているだけなのにだ。

 

このように、ハードフォークには個人のトレーダーにも関心を集めている。

 

ただし、ハードフォークされた暗号通貨を取引所に上場させないところも多い。

 

もし、ハードフォークのチャンスを狙うのであれば、

すべてのハードフォーク通貨を上場させると公表している取引所、Binance(バイナンス)を利用するのがおすすめだ。