マジPEACE。

A「ほんと日本は平和だよね〜。」→B「マジPEACE。」から誕生。

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)| 感想・評判・口コミ

この記事をシェアする

おすすめ記事▼【未経験からエンジニアへ】プログラミング教室9選を徹底比較!!初心者目線からレビュー!
【厳選!】無料おすすめ漫画アプリ6選とアプリ毎の人気マンガを紹介!

僕は現在、DIVE INTO CODEの受講生として、スクールに通ってRubyを学んでいます。

プログラミングは1冊の本を読み通してみて、全くわからずに辞めたパターンです笑

 

今回は、真剣にプログラミングを勉強しようということで、色々迷った結果、DIVE INTO CODEを選びました。

 

3ヶ月間ガチで通ってみてどうかをレビューしていきたいと思います!

検討している人は参考にしてみてください!

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)とは?

 

プロになるために必要な知識と経験を学ぶべき順序で習得できるというキャッチコピー。

渋谷に教室を構えるプログラミングスクールです。

 

生徒は社会人の人たちが多いです。

これは他のプログラミングスクールと比べるとひとつの特徴かもしれません(他のところは若い人が多かった印象)。

 

学べるコースは以下、Rubyに特化しているのが特徴です。

  • 即戦力コース(通学/オンライン):Ruby
  • DIC Railsチュートリアルコース
  • Expert AIコース:Phython 

ぼくは、Rubyの即戦力コースを受けています。

 

個人的に、このスクールがオススメだと思うのは、

料金が比較的安く、教材の質が高く、Rubyを使ったオリジナルサービス開発ができるということです。

 

詳しく説明していきます。

 

 

即戦力コース(通学/オンライン)について

即戦力コースは、Webアプリケーションの開発方法を学び、エンジニアとして中途社員として採用されるレベルを目指すコースです。

 

学ぶのは、HTML+CSS+JavaScript +jQueryのフロント系言語とRuby+Ruby on Rails のサーバ系言語、Git/Github、Herokuなどなど。

 

主に、Ruby を用いたサービス開発をかなり体系的に学ぶことができます。

 

 

身につくスキル

実践を考えて作られたカリキュラムを学ぶべき順番でひとつずつこなしていくことで基礎である土台をしっかり身につけることができます。しかし、学ぶだけでは活かせません。
実務案件と同等の”問題を解決する”ための課題に取り組むことで、学んだ技術を実践力にするための経験を積むことができます。 フロントエンド・バックエンド・インフラなどWebエンジニアとして必要な知識を体系的に学ぶことができます

引用元:DIVE INTO CODEホームページ

 

教材はこんな感じです。※2018年7月現在

f:id:sakusaku57:20180708155106p:plain

f:id:sakusaku57:20180708155055p:plain

f:id:sakusaku57:20180708155126p:plain

 

 

即戦力コース感想

勉強のスタイルは、ネットの教材を自宅で学習しながら、全10日教室に通うというスタイルです。

個人的には、とてもこのスタイルはあっていて、一人で黙々と教材をこなしていけることは嬉しいです。

 

隔週では教室に通うので、他のスクール生とコミュニケーションできますし、他の生徒がどんなコードを書いているかもみることができて刺激になります。

 

そして、教材が体系的でとても学びやすいです。

手取り足取り、完全に初歩から詳しく学ぶことができて、個人的には今までみてきた中で一番いいと思います。

 

特に、私が好感が持てたのは、最初の説明会の時に、「本気で頑張らないと達成できませんよ」と言ってくれたことです。

他のスクールだと、「フリーランスになれますよ!」「希望の生活を手に入れましょう!」みたいな感じだったので、新鮮でした。

 

他のスクールとの違いをまとめると、メリットとして次の3つがあると思います。

 

1.とにかく教材が素晴らしい!

エンジニアの就業を目指す人向けと言っているように、とにかく実践的なカリキュラムをこなしていきます。

 

説明会にいくつか行き、別のスクールのカリキュラムも見ましたが、DIVE INTO CODEはかなり細かく説明してくれています。

 

例えば、Rubyの公式ドキュメントの読み方とか、現場に出たときに必須となる知識を知ることができます。

 

ぼくはプログラミングの参考書とかも読んだんですが、わかんなくてもとりあえず写経とかあるじゃないですか。

それがある程度理解しながら進めていけるというのが、新鮮でした。

 

2.料金が低価格!

半年間で298,000円、他のところと比べると低価格だと思います。

 

有名な侍エンジニアとかは60万くらいですし、ぼくが説明会にいったところは42万くらいでした。

 

なんで、他のところより安いんだろう?と思うくらいサービスは充実していると思います。

 

ただし、料金の分割支払いが6ヶ月しかできないので、分割で払っていきたい人は注意が必要です。

 

3.オリジナルサービス開発しないと卒業できない!

初心者のプログラミングの壁は、「オリジナルサービスを開発できるかどうか?」とよく言われます。

 

未経験から自力でオリジナルサービスをつくるのは、参考書だけだと難しいですよね。

 

ぼくはいま、カリキュラムの終盤くらいですが、簡単なものなら自力でつくれるくらいのレベルになっています。

 

しかもオリジナルサービスを開発できないと卒業できない!!

 

教室にも通いながら進めていくので、他の人はどんな感じなのか把握できるのも刺激になります。

 

無料の説明会をやっているので、聞くだけ聞きに行ってみるとプログラミングについてやキャリアについてより詳しくイメージできると思います。

 

DIVE INTO CODE 無料説明会

 

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード) | 評判・口コミ

 

 

自学自習の時間が取れない人は微妙かも

なぜプログラミングをやるのか?という目的が抜けていると、なかなかモチベーションをもって取り組むことができません。

 

DIVE INTO CODEでは、初回の授業で、自分の紹介をするので、ある程度目的を明確化してくれました。

が、やはり自分次第です。

 

未経験からエンジニアを目指すには、スクールに通ったとしても360時間以上は勉強の時間が必要と言われました。

 

毎日必ずやる必要があるので、

それまでモチベーションが続くかどうか、

自分に問いかけてみてください。

 

エンジニアとしての就業を目指すならばオススメ!

実践的なカリキュラムに沿って進めることができるスクールなので、ガチでエンジニア目指すならオススメです。

 

履歴書の書き方とか、アピールの仕方も教えてくれますし、月に2回もいくつかの会社を招いての就業説明会を開催しています。

 

エンジニアで転職したいとか、社内でエンジニアになりたい!という人はオススメです!

 

AIをやりたいならエキスパートAIコース!

4ヶ月で最先端のAIエンジニアを目指すコース。

フルタイムで平日も通う必要がありますが、AIエンジニアとして就職を目指したい人は見てみるといいと思います!