マジPEACE。

A「ほんと日本は平和だよね〜。」→B「マジPEACE。」から誕生。

【新社会人へ】新卒で不安だった僕に贈られた先輩からのアドバイスを4年目にして振り返る

この記事をシェアする

おすすめ記事▼【未経験からエンジニアへ】プログラミング教室9選を徹底比較!!初心者目線からレビュー!
【厳選!】無料おすすめ漫画アプリ6選とアプリ毎の人気マンガを紹介!

新入社員の方は、あと少し4月からいよいよ入社ですね。

新社会人って、何かにつけて先輩や周りの人からアドバイスを受けますよね。

 

私は新卒2年で転職してしまい、いわゆるテンプレ的なアドバイス「3年は同じ会社で頑張れ!」を守れなかったわけですが・・・

 

1年目は、そういった先輩や親からのアドバイスってあんま聞かないですよねw

 

本記事では、改めて新卒入社で先輩や周りの人たちから贈られてグッときた言葉を振り返ってみようと思います。

 

新社会人のみなさんの参考になれば幸いです。

 

新社会人の僕に贈られた言葉

 

Work

 

1.インターン先の社長「まずは3ヶ月必死に頑張れ」

当時、3人くらいのITベンチャーでインターンしていた僕。

4/1に、そこの社長からメールが届きました。

 

まずは新入社員出社1日目おめでとう。
ついに社会人人生スタートですね。

 

入社式や研修がある人や、割といきなり実践の人などいろいろだとは思いますが・・・


社会人はとにかく「成果」です。

組織に成果をもたらす人材には
たくさんのチャンスが訪れます。

スタートはめちゃくちゃ大事です。
まだ初心者だからちょっとずつ・・
なんて意識はご法度。


プロ人生がスタートしたのです。

プロ野球球団に入団した新人がいきなり
休んでたら、その新人の未来はもう見えたもの。


プロのフィールドで先輩や他社の年配の実力者も含めた競争環境に年齢や経験は関係ありません。
ただ活躍できるかが問われています。

 

失敗上等。まっすぐ成果に向かってチャレンジする
後輩には先輩も必ずアドバイスしてくれます。
どんどん間違っていっぱい怒られて指摘されて自分を変化させ一気に成長していってください。

 

変わらない、成長する気のない人は、
いつか指摘すらされなくなります。
(周りから呆れられ諦められてしまう。これは恐ろしい。)

 

まずは3カ月間はわき見せずに
必死に頑張ってみてください。
出来れば具体的な目標(数字)を定めて、
先輩や上司にその妥当性を聞いて、
絶対達成したいんだと協力を仰ぎましょう。

 

3カ月走り切ったら、次の3カ月。
そして1年。その意識で3年も経てば
自立した社会人になっていることはもちろん、図抜けた存在になることも可能です。

 

新人にありがちな出来ない理由や
いいわけ探しは禁止。

頭でっかちも禁止。
強烈に結果を意識して「行動」あるのみ。

みんなの健闘を祈る!

 

とてもいいアドバイスですね・・・「社会ってこういうとこだぜ!」って一部の見方でもいいけど言ってくれる人ってなかなかいません。

社会人は成果っていうのは、ほんとそうなんですよね〜。

 

個人的には、どれだけスタートで自分のポジションづけができて、どれだけコミュニケーションの信頼を得られるかだなと4年目にして感じています。

やっちゃいけないのは、自分を卑下すること。

 

3年目の時にこの方と再度お会いする機会があったのですが、こうはなれなかったなぁと反省します。

 

2.会社の採用担当「自分が勝てる土俵をつくれ!」

僕が普通に採用で落ちた会社から来たものです。当時は落ちたこともあって、うざっ!とか思ってたんですがw4年経ったいまも強烈に記憶に残っています。

 

先に社会人に(たまたま)なった私の戯言と思って聞き流してもらって構いませんが、社会は理不尽で不公平で、おまけに不平等です。


理屈が通らない上司がいます、会社の大きさだけを基準に関われる仕事のチャンスが違います、どんなに一生懸命に仕事をしても報われないこともあります。


それを受け入れろと言いたい訳ではありません。むしろ、逆です。そういう中で勝って頂きたいと本気で願っています。理不尽や不公平な環境下で、どう逆転していくかを楽しんで欲しいと考えています。

 

他社に入って〇〇を見返すため、それも結構です。
将来、経験を積んで〇〇に入社するため、それも結構です。

 

今回の結果は、たかが今回の結果です。こんなことで自分を信じることをやめてしまわないでください。


理不尽をどうすれば覆せるか、不公平な中で自分が勝てる土俵をどうすれば作れるのか、不平等な中でどうすれば勝ち続けられるのか、それを考え続ける人材になって下さい。

 

〇〇という会社は、皆様と一緒に働く環境を提供できませんでした。


ただ、その事で広告ビジネスやコミュニケーションビジネスに対してお持ちの熱い気持ちや、働くことに対するワクワクした想い、人生の機微を楽しむ心を失わないでください。

 

皆さんを採用しなかったことが失敗だった、と悔やむ日が来ることを心待ちにしております。

 

今振り返ってみると、当時は就職氷河期と言われていて、「100社受けても受からない!」みたいなこともチラホラありました。

そういう中での、このメッセージは心に染みるなぁと思います。

 

4年社会で働いてきたくらいですが、本当にこの方が言ってる通りだと感じます。

特に大事だと思うのは、「自分が勝てる土俵をどうつくっていくか」という言葉。

 

ほんとこれを考えていれば、僕の4年間はまた違ったものになったなと後悔してます。

関連記事:転職で後悔する前に知っておきたい5つのこと【元人事&転職経験者が話す!】

 

以上、新社会人の役に少しでも立てればと思います。