マジPEACE。

A「ほんと日本は平和だよね〜。」→B「マジPEACE。」から誕生。

【Prime Readingでおすすめ!!】元の売価が500円以上書籍を10冊紹介

この記事をシェアする

おすすめ記事▼【未経験からエンジニアへ】プログラミング教室9選を徹底比較!!初心者目線からレビュー!
【厳選!】無料おすすめ漫画アプリ6選とアプリ毎の人気マンガを紹介!

新サービスのアマゾンプライムリーディング。

 

キンドルアンリミテッドと似てない?という感覚もあるが、映画ドラマに続いて漫画や本をも見れるということでマジで凄すぎるサービスだ。

 

しかしその中にいい本は本当にあるのか?

それを元売価500円以上という設定で探して見たので紹介する!

(登録はこちらからAmazon Prime)

 

Prime Readingおすすめの10冊!!

 

1.カーネギー話し方入門(650円)

カーネギー話し方入門 文庫版

カーネギー話し方入門 文庫版

 

 カーネギーの人の心を動かすスピーチ技術の本。テーマ設定や始め方、終わり方までカーネギー独自の洞察をまとめている。

 

2.ざっくりわかるファイナンス〜経営センスを磨くための財務(691円)

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)

 

 企業財務についてわかりやすく書かれた本。

最後の方は難しくなってくるが、決算書の読み方の基本が書かれている。

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を知りたい人は最初だけ読んでみるだけでもいいだろう。

 

3.奇跡のリンゴ「絶対不可能」を覆した農家(533円)

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

  • 作者: 石川拓治 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 映画化もされたリンゴ農家の話。

 

4.史上最強の人生戦略マニュアル(778円)

史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 

 人生設計の自己啓発本。勝間さんがオススメしている。

 

 5.ケトン体が人類を救う〜糖質制限でなぜ健康になるのか〜(885円)

ケトン体が人類を救う?糖質制限でなぜ健康になるのか? (光文社新書)

ケトン体が人類を救う?糖質制限でなぜ健康になるのか? (光文社新書)

 

ケトン生活について書かれた本。

ご飯は糖分の塊ということは聞いたことがあるだろうか?

またパンも同様である。

糖質を制限しただけで驚くべき効果があるらしい。

 

 6.菊と刀(918円) 

菊と刀 (光文社古典新訳文庫)

菊と刀 (光文社古典新訳文庫)

 

第二次世界大戦で、日本人の気質などを研究したベネディクトによる日本文化を研究した本。

とても客観的に書かれており、日本人とは?を改めて考えるきっかけになる。

 

 7.大どんでん返し創作方面白い物語をつくるにはストーリーデザインの方法論(500円)

大どんでん返し創作法: 面白い物語を作るには ストーリーデザインの方法論 (PIKOZO文庫)

大どんでん返し創作法: 面白い物語を作るには ストーリーデザインの方法論 (PIKOZO文庫)

 

面白いシナリオには法則がある!

ストーリーの作り方を解説! 

 

8.世界で最もイノベーティブな組織の作り方(810円)

世界で最もイノベーティブな組織の作り方 (光文社新書)

世界で最もイノベーティブな組織の作り方 (光文社新書)

 

 イノベーションを生みだすための組織とリーダーシップについての本。

 実は日本人は創造的であるという前提からスタートする。

イノベーティブな組織とは、組織構造にヒントがあった。

日本の権力格差がそれを阻害しているかもしれないという話。

 

9.戦略読書日記(2160円)

戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス>

戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス>

 

楠木健が読んで衝撃を受けた本を紹介する本。

 

 10.種の起源・上(853円)

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)

 

 言わずと知れた名著が読めるなんて・・・!

進化の研究をしたダーウィンの本。

 進化は人間がつくりだせる?

神が生物を創造したというのが常識だった時代、ダーウィンはどのようにして進化を説明したのか?

仮説検証の果てにたどり着いた答えは今では常識のものだった。

 

以上、さらに追加予定です!