マジPEACE。

A「ほんと日本は平和だよね〜。」→B「マジPEACE。」から誕生。

賃貸物件の探し方ポイントまとめ【いきなり店舗にいくな!!】

この記事をシェアする

おすすめ記事▼【未経験からエンジニアへ】プログラミング教室9選を徹底比較!!初心者目線からレビュー!
【厳選!】無料おすすめ漫画アプリ6選とアプリ毎の人気マンガを紹介!

目次

 

つい先日ですが、引っ越しを検討していたため、不動産に行きました。

 

初日は、

「ネットで調べるのはある程度で、結局不動産行ってから聞くかー!」

というスタンスで行ったのですが、1日だとほぼ内見できない・・・そして場所も決まらないということに気づきました。

 

まじで時間なかったのでやばいなと思っていたのですが、不動産担当者の方がいろいろと教えてくれて、「これは最初に調べてから行った方が間違いない」と思いましたので、紹介します!

 

 

賃貸物件選びになぜネットの下調べが重要か?

 

  1. ネット掲載の物件と紹介される物件はほぼ同じ!
  2. どこの不動産でも同じ物件を紹介される!
  3. 条件を絞れる!

 

 Home

1.ネット掲載の物件と紹介される物件はほぼ同じ

担当者の方に聞いた話ですが、

ネットに掲載されている物件ってほぼ空いている物件を本当に紹介してくれています。

 

昔は、見せ物件といっていいけどすでに埋まっている物件をわざと掲載して、問い合わせまでつながるという手法がありました。

 

しかし、借りる側がそれを認知し始めて、掲載されている物件への信用が落ちていました。

 

私も、「どうせ見せ物件でしょ?」と思い不動産に行ったのですが、違いました。

 

不動産の紹介物件も、ネットに掲載されているものとほぼ変わらないのです!

 

これは特に、スーモが強いらしいです。

スーモのシステムとして、不動産ショップがすでに埋まっている物件を通報することで、日々の掲載を整理しているらしいのです。

 

「え、そしたら通報しなければいいじゃん?」

 

と思いますが、なんと、他社の不動産ショップに負けないために通報するのです!

 

どういうことかというと、いい物件があった時、複数の会社でその物件を紹介します。

 

その時、オプションでスーモに課金をすると同じ物件でも自分の会社が上位に表示されるようになるのです。

 

そして、そのいい物件をできるだけ見せ物件として問い合わせを増やしたいわけですが、

ここで、他社はこの物件の空きを調べて、空いていなかったら通報して削除できるのです!

 

うまいシステムですね・・・

 

 

2.どこの不動産でも同じ物件を紹介される!

私は2つの不動産に足を運びましたが、両方とも結局、同じ物件を紹介されました。

それはそうで、不動産間で同じシステムを使っているので、紹介する物件はほぼ同じなんです。

 

違うこととすれば、

  • オーナーと直接繋がっている物件をもっている
  • 担当者が、ニーズを判断して的確な物件を別の条件でも紹介してくれる

 

ことです。

 

オーナーとつながっていることはよさそうですが、基本昔ながらの不動産が持っているつながりです。

この場合、仲介手数料を無料とかできますが、あまり新しい物件がないことが懸念点です。

 

担当者の方は大事で、土地勘があればどこが安いとか治安がいいとか知っています。

なので、どこでもいいとは言いますが、やはり住みたい地域の不動産がいいと思います。

 

3.条件を絞れる!

実際、不動産の担当者の方を前にすると、厳しい条件を言えなくなってしまいました。

 

駅近くて安くて、新築で・・・みたいな。

 

でもネットでも条件は絞れます。

 

なので、まずネットでギリギリまで条件を絞ってから、どのくらい物件がありそうなのかを把握しておいた方がベストです。

 

下調べ後に不動産に行く時の注意

 

  1. 必ず1社に決めて行く
  2. 複数希望物件を伝えておく
  3. 条件をしっかり伝える

 

1.必ず1社に決めて行く

こればっかりは、縁になります。

アパマンショップとかミニミニとかたくさんあるので、仲介手数料安いとか条件があう不動産を選んで行きましょう。

 

ただし、複数の会社に問い合わせると、その後ガンガン電話が来るのでやめておいた方がいいと思います。

 

2.複数希望物件を伝えておく

あらかじめ良さそうな物件を3件〜5件選んで、不動産会社に、ここが気になっていると問い合わせ時に伝えておきましょう。

 

スーモとかであれば、問い合わせでメッセージが送れますので、URLも送っておいてください。

 

当日の時間短縮にも有効ですし、他にも同条件でいい物件がないかを探しておいてくれます。

 

3.条件をしっかり伝える

下準備でも伝えましたが、最初は厳しく条件を設定しましょう。

 

人を前にすると遠慮しがちですが、これをやらないと満足する物件には出会いづらいです。

 

実際私は、徒歩5、築15年、礼金なし、バストイレ別、2階以上、会社地域から20分以内(都内)で探しました。

 

厳しくね?って思ったんですが、案外10件くらいヒットして、

新築、徒歩2分、礼金なし、バストイレ別、3階、会社地域から15分以内

で物件を見つけることができました。

 

まとめ

これから1月になってきて物件を探す人が多いと思います。

 

地方から東京とかだと土地勘がないので全くわからないですよね。

 

かならず下調べをしっかりやってから不動産に向かってください。

 

ちなみに、不動産が見つかりやすい時期は、8〜11月みたいです。

 

新生活時期になるとどんどんいい物件が埋まっていきますので、時間をかけずに決めることができたらいいですね。

 

あわせて読みたい

クソ引越し業者に引っかかって起きた3つの事件【引越し業者選ぶ人にマジで読んでほしい】 - 究極的に暇になった時に読む1mmだけ知識が増えるかもしれないブログ