マジPEACE。

A「ほんと日本は平和だよね〜。」→B「マジPEACE。」から誕生。

なぜスペインカタルーニャ州は独立?どんな問題?【天声人語より】

この記事をシェアする

おすすめ記事▼【未経験からエンジニアへ】プログラミング教室9選を徹底比較!!初心者目線からレビュー!
【厳選!】無料おすすめ漫画アプリ6選とアプリ毎の人気マンガを紹介!

今日の天声人語はスペインのカタルーニャ州独立問題に言及された記事である。

(天声人語)カタルーニャ語とガウディ:朝日新聞デジタル

  

カタルーニャといえば、バルセロナがある州でサッカーが好きな人には馴染み深いだろう。

 

恥ずかしながら私は、「え!?なんで独立?」という状態であった。

 

なぜカタルーニャ州は独立しようとするのか?概要などを書いていきたい。

 

目次

 

カタルーニャ州が独立宣言!なぜ?

建築家ガウディは、スペインのカタルーニャ地方で生まれ育った。独自のカタルーニャ語に強いこだわりを持ち、国王の訪問にもカタルーニャ語を用いたほどだ。言語や文化に誇りを持つ人の多いカタルーニャ地方が独立を宣言。憲法違反だとする政府と対立している。ガウディの手がけたバルセロナの建築は2026年に完成予定。その時にどうなっているのだろうか?

 

Pals Catalunya

 

カタルーニャ自治州とは?

カタルーニャ自治州とは、スペインの東部に位置し、人口はスペインのほぼ15%を占める大きな州だ。

 

都市バルセロナは首都のマドリードについで人口は2番目に多い。

 

さらにカタルーニャは、産業も発達しており、スペイン国内総生産の20%を占めている。

 

そもそもスペインは17の自治州に分かれており、カタルーニャはそのひとつだ。

※自治州は、行政など一定の権利を付与されている。

 

特徴ときて、カタルーニャは独自の歴史、伝統、習慣、言語を持ち、民族意識が強い。

実は独立運動は何度も行われてきたのだ。

 

カタルーニャの歴史

独立運動にたどるには、歴史をみることが必要だ。

 

カタルーニャは、歴史的には1000年前後に「カタルーニャ君主国」が誕生、1258年にはカタルーニャ君主国としてフランスから正式に独立を承認されている。

1479年にスペインが統一され、カタルーニャは政治的独立性を失う。

 

1640年、収穫人戦争が起きる。

これはカタルーニャの反乱とも言われ、フランスとスペインの戦争中に、スペインの中央政府のカタルーニャに対する資源・資産の搾取から起きた反乱である。

 

1700年には、スペイン継承戦争にの中で、ついにスペイン軍に占領され、議会や政府が解散、カタルーニャ語も禁止となった。

19世紀半ばにカタルーニャ文化復興運動が興り、後半には建築屋美術の文芸運動も興った。

 

1931年にスペイン第二共和政が成立すると、自治政府が発足し、カタルーチャ自治憲章が承認され、初代カタルーニャ首相が就任した。

しかし、スペイン内戦によりカタルーニャ自治憲章が廃止され、カタルーニャ文化に激しい弾圧がなされた。

 

1975年にスペインの民主化が行われ、1979年に再度カタルーニャ自治憲章が制定されてカタルーニャ自治州が発足した。

 

2006年には新たなカタルーニャ自治憲章が制定されたが、2010年にスペイン憲法裁判所によって違憲とされている。

 

以上、つまりカタルーニャは民族意識の弾圧の歴史が濃いため、反対に意識の強まりがあるのだろう。

 

なぜ独立なのか?

ここまでくると、なんとなく独立の理由は推測できる。

そもそも民族としてのカタルーニャがあるからだ。

 

しかし、さらにいくつか理由がある。

大きな要因の一つがスペインの財政難である。

 

サブプライムローン問題を発端とした世界金融危機(2007年-)は覚えているだろう。

この影響で解雇や倒産が相次ぎ、ホームレスが溢れかえった。

数字で見ると2011年に失業率21%、近年では若年失業率が52%を超えるなど経済的に低迷したのだ。

 

さらに2010年のユーロ危機(ギリシャの粉飾決算など)により2012年にスペイン経済危機と呼ばれるほど深刻な状況になっている。

 

この状況下で、自治権の違憲判決と財政赤字削減のための債務削減、税制に不満を持っている。

※国税は国が徴収し、交付金という形で自治州に分配するが、この分配方法に不満。税負担の見返りを平等にするような内容が新自治憲章にあった。

 

どんな影響があるのか?

カタルーニャが独立したとはいえ、EUが認めることは困難らしい。

(スペインも含めた全会一致の承認が必要なため)

 

EU加盟国になれなければ、ユーロが使えないため銀行経営に影響を及ぼす。

すると企業も移転してしまい、経済的には危ないのだ。

 

反対派がいる?

実はカタルーニャの中には独立派と統一派が存在する。

そのため、10/29に統一派によるデモがあり、報道された。

 

世論調査によると、半々の大接戦らしい。

 

これからどうなっていくのだろうか?

 

 

詳しく知りたい方は以下の記事がとてもわかりやすい。

カタルーニャ「独立宣言」がもたらすスペイン社会の分断 / 八嶋由香利 / スペイン近現代史 | SYNODOS -シノドス-